~ C*Room ~

お立ち寄りありがとうございます(^^*)  手作りのパンやお菓子、当選モニター報告などを主にUPしてます。        掲載している殆どの料理・お菓子・パンは、バターの代わりにマーガリンを使用してレシピを載せています。

おせち料理~2016~ 

 



 ◇  あけまして おめでとうございます  ◇ 
 

早速ですが、2016年のおせち料理です。


年末は、27日(日)がお休みで、残りの4日間は出勤。

うち1日は13:00から19:00。

のこり3日間は9:00から18:30前後まで。


おせちの準備時間があまりないので、

伊達巻と栗きんとんは作るのをやめるつもりでしたが、

娘が、栗きんとんは作りたいと言うので、

お手伝いしてもらうのを条件に、作ることにしました。


また、いつ何を作ったのか、書き留めておきます。

(このメモは後々、意外と役に立つので ^^)

おせち料理2016-1
(伊達巻・かまぼこ・昆布巻きは購入品)


28日(仕事9:00~18:30)

夜、黒豆を洗って、水につけておく


29日(仕事13:00~18:30)

<黒豆>  午前作業
黒豆 200g  
水 600cc
砂糖 200g  

砂糖 大さじ2
醤油 小さじ1
赤ワイン 大さじ1

砂糖を加えて、圧力鍋にかける。
圧がかかってから15分、火を止め自然放置。
蓋が開くようになったら、
追加用の砂糖と醤油と赤ワインを加え一煮立ち。


<栗きんとん> 夜作業
さつま芋(皮をむいた状態で) 500g
砂糖 80g
みりん 大さじ3
はちみつ 大さじ1
栗の甘露煮 300g(固形量150g)
くちなしの実

さつま芋をくちなしの実と一緒に、
柔らかく茹でたら、湯を捨て、
鍋にさつま芋を戻し、
砂糖・みりん・はちみつを加えてマッシュ。
甘露煮のシロップを少しずつ加えながら、
さつま芋を少量ずつ出してこす。
さつま芋が硬くてこしにくければ、
甘露煮のシロップを調整しながら加えれば、
こしやすくなる。

こし終わったら、残りのシロップや砂糖で味の調整を。

*こす作業は息子と娘がやってくれました。 
水あめを切らしていたので、はちみつを入れてみました。


30日(仕事9:00~19:00)

<のし鶏>
鶏ひき肉 450g
薄力粉 大さじ2
卵 1個半
醤油 大さじ1と1/2
味噌 大さじ1
砂糖 大さじ1と1/2
みりん 大さじ1と1/2
玉ねぎのすりおろし 大さじ4
豆腐 150g
ケシの実 適宜

けしの実以外の材料をフードプロセッサーにかけ、
2枚重ねに敷いたアルミホイルに流し、
平に伸ばして、170度で20~25分焼く。


<なま酢>
大根 300g
にんじん 40g
酢 大さじ2
砂糖 大さじ2

大根とにんじんはそれぞれ千切りにして塩をふりかけておく。
水気を絞って、酢と砂糖を混ぜて漬ける。


<いなり寿司>(31日の夕食分) 
揚げ 10枚
水 300cc
砂糖 大さじ7
醤油 大さじ5

揚げを煮汁で煮ておく。

おせち料理2016-3


31日(仕事9:00~18:30)

いなり寿司は4合分のご飯を準備。
今回は市販のちらしの素を使用。
夫と子供たちにいなり寿司を作ってもらった。

*酢飯が割りと余ったので、
次回は揚げを増やした方が良いかも。


<お雑煮の下準備>
圧力鍋で鶏がらでダシ作り。
かつおダシの粉を入れてから、
塩で味調整。

鶏肉は一口大に切り、
お酒と少量のすりおろししょうがを混ぜて、
漬けておく。


<実家用お菓子作り>
バナナとチョコのしっとりケーキ。
(後日up予定)

おせち料理2016-2 




元旦に食べた雑煮です。

おせち料理2016-4 


今年は、どんな年になるのでしょうか。

私自信は、パートの時間を増やし、

パート先の社会保険に加入したりして、

変化のある年になりましたが、

夫は何の変化もないままでした。

今年は、バイトでも何でも良いので、

収入のある仕事ができるくらいの変化があったら

嬉しいです。





スポンサーサイト

category: 手作り料理

thread: 年末年始、お正月 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://hkdc139410.blog.fc2.com/tb.php/578-6e25346a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top