FC2ブログ

~ C*Room ~

お立ち寄りありがとうございます(^^*)  手作りのパンやお菓子、当選モニター報告などを主にUPしてます。        掲載している殆どの料理・お菓子・パンは、バターの代わりにマーガリンを使用してレシピを載せています。

春休み中の悲劇 ~その2~ 

 



~ 自爆 ~



春休み中の悲劇 その2でございます。


夫はICUに1週間入院したのですが、

そこそこ大きな病院なのですが、精神科がなく、

精神科専門の病院に転院することになったのです。

今回に至った原因は、大量の睡眠薬投与ですからね。


転院した翌日、子供たちも一緒に、夫の病院へ。


その帰り、病院の駐車場から一方通行の道に

そろそろ~っと車を進めた途端、

歩行者用のガードパイプに車の左前方を、

ガツンと。


ほんのちょいと、よそ見してしまったのもあったけれど、

ガードパイプが目に入っていなかった・・・。


車から降りて車を見ると、

バンパーの左側がごっそり外れてるではないかっ!

ヤッチマッタ・・・

スピードの割りに、思った以上の損傷。

車を移動させられない状態。


警察を呼んだり、保険会社に連絡したり。

結局、事故から2時間後に、車はレッカー。


スピードは全く出ていなかったので、

同乗していた子供達の体への負担は何もなかったものの、

ものすごく不安な思いをさせてしまったのが申し訳なくて。


色々あって体も疲れていたことには間違いないが、

やっぱり事故はダメだよね。

でも、まだ他人様を巻き込んだりすることが

なかっただけも良かったかも。



夫の入院のことで、あっちこっち動き回ったり、

あっちこっち連絡したりと、忙しくなってしまったのに、

更に、自分自身で忙しさを増やしてしまって、自己嫌悪・・・

しばらくはため息しかでない日が続きました。



悪いことは重なるって本当だね。

こういう時こそ、慎重にならないといけませんね。


スポンサーサイト

category: 日記

thread: 日記 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

△top

春休み中の悲劇 ~その1~ 

 



~ 大事件 ~


現在使用しているブログでは、

なるべく、夫のことを書くのは控えめにしてきましたが、

今回の大事件に関しては、

生涯忘れてはならない出来事となってしまったので、

書くことにしました。



プロフィール(fc2のブログ)にも少し触れていますが、

夫は娘が生まれたあとくらいからうつ病になったので、

15年ほど経ちました。

今から10年くらい前と、5年くらいに前に、

本人としては自殺を考え、

それなりの行動を起こしました。

そして先日、再び悲劇が。


今回はかなり大量の睡眠薬を飲んでしまいました。

4日間ほど、昏睡状態になり、

1週間、集中治療室に入院しました。

呼吸の低下や誤嚥性肺炎などの治療を。


夫は、100㎏くらいあって、

首周りの肉も立派についているので、

太っていると舌が巻き込まれ

窒息死した可能性もあったと、

お医者様から言われました。


睡眠薬の種類によっては、

後遺症(言語障害、記憶障害、車いす生活になることも)が

残るケースもある

とネットにも書かれていました。

結果的には、後遺症は全くなかったことが不幸中の幸いでした。



私の仕事が終わるのが通常19時~19時半。

ICU入院中は、18時半までには上がらせてもらって、

そのあとにすぐに子供たちと毎日病院へ。
(夕食は21時ころに)


ふと一人になると、色んなことを考えてしまって、

不安な気持ちばかりが押し寄せてくる。

でも幸い、春休み中の出来事だったので、

子供たちが家にいる時間が普段よりは多かったので、

会話する相手もいたし、

一緒に病院へ行ってもらえたのも

心強かったし、

私自身、気が張っていられたと思う。


ICUから出てすぐに、

神経科専門の病院に転院し、

現在も入院中です。



今回の件で、夫はすごく反省してます。

大量の薬を飲んだことだけではく、

今までのだらしない生活、

だらしなくどんどん太っていく体、

ゴミ屋敷か?とうくらい散らかした自分の部屋。

父としての自覚など。


私も先生の許可を得て、

今までずっと言いたくても言えなかったと

「ずっと別れたいと思っていたこと」

も告げました。



夫の反省と

今後、改めて真っ当な人間になるための

色んな思いを聞いて、

もう少し家族でいようと決めました。



GW前に退院したいという

わがままな夫の願い。


GW中は疲れた心と体を

ゆっくり休めたかったのに・・・。


こんなことを仕出かしたクセにと、

怒り心頭な私です 


家族でいるって決めても、

夫が帰ってくると思うと、

なんだか憂鬱です。


今は、こんな気持ちだけど、

こうやって10何年も過ごしてきたので、

また普通の生活に戻れると思う・・・

むしろ、良い方に向かう努力をしなければ。



category: 日記

thread: 日記 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

△top

可愛いたまご型カップで 

 



~ たまご型カップで ~


先日、久しぶりにカップケーキを作りました。

デコ用のホイップクリームを作る時に、

いちごパウダーを少し入れて、

可愛いピンク色に。

カップケーキ01


こんなにもたっぷりホイップクリームをのせても、

いちごの酸味のおかげで、

全然クドくなくて、ペロっとイケちゃいました。

カップケーキ02

ポチポチっとアザランものせてます ^^

たまご型カップに入れて蓋をすれば、

持ち運びもOK!



そしてせっかくのたまご型なので、

たまごのスイーツといったらプリンでしょ!

ゼラチンで固めるプリンを作りました。

プリン01

私はイースターのイベントはやりませんが、

イースターを楽しみたい方にも、

たまご型のカップ、使えると思います!


こちらの型はsuipaさんの、

ピュアカップ アイボリー

たまごドーム蓋 

を使用しています。 

category: suipaモニター

thread: 手作りお菓子 - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

△top

KALDI 豆乳ビスケット 

 



~ KALDI 豆乳ビスケット ~



先日、購入したいものがKALDIにあるのか

KALDIのオンラインショップを閲覧していたら、

豆乳ビスケットの「さくらクリーム」を発見。

大好きな豆乳ビスケットに

大好きな桜味が発売されていたなんて!

でもネットショップではすでに「在庫なし」の表示。

でも食べてみたい!!


で数日前に、娘が友達を買い物に出かけたので、

もしKALDIに寄れて売っていたら、

買ってきてとお願いしてみた。


残念ながら、さくら味はなかったけど、

「抹茶ミルク」と「チョコミント」を

買ってきてくれました。

ちょうど店員さんが

「ただいま到着したばかりです」

と言いながらチョコミントを

出していたようです ^^

KALDI(2019)01.jpg




チョコミント党としては、

優しい味の豆乳ビスケットの

チョコミントってどうなの?って思ったけど、

ちゃんとチョコミント!

濃すぎないチョコのビスケットに

優しいミントクリーム。

さすが豆乳ビスケット!美味しすぎる~!!


そして抹茶クリームは、

こちらも濃すぎない優しい味の抹茶クリーム。

抹茶の苦みもなくとても食べやすい味です。

KALDI(2019)03.jpg


味もバッチリだけど、

この見た目の色! 

すき!

KALDI(2019)04.jpg



そして毎回思うのですが、パッケージが可愛いすぎる♡

KALDI(2019)02.jpg

豆乳ビスケットに癒されるわたくしです。

(*´ω`*)





category: 買い物

thread: 食品・食べ物・食生活 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

△top

求肥入りあんぱん 

 



~ 求肥入りあんぱん ~


先日、娘の卒業式がありました。

あっと言う間の3年間。

お友達のことや勉強のことで、

泣いた日もあったけど、

無事、卒業を迎えることができました。

卒業式後、学校の中庭で、

みんなとスマホで写真を撮っている娘の姿は、

すごく楽しそうでした。

私と一緒に写真を撮る時間は全然なく、

少し寂しい気持ちにもなったけど、

お友達が沢山いることが、何よりの感謝ですね。




さて、以前から気になっていた求肥入りのパン。

焼いたら求肥が硬くならないのか?

とか、

焼きたては美味しいだろうけど、

時間が少しでも経ってしまうと、

美味しくなくなるのでは?

と思って、手をつけられなかったのですが、

チャレンジしてみました。


求肥は、以前作ったことのある、

COOKPADのレシピ 『最高の求肥』 で作りました。

レンチンで作るので簡単に求肥が作れます。


クルミ入りの生地に、

あんこと求肥を入れて焼きました。

一応、形にはなって、美味しくできました。

あんぱん02


おうちで焼いたパンを翌日食べる時は、

レンジで15~20秒ほど温めるのですが、

中の求肥もまた柔らかくなって、全然問題なかった!

あんぱん01


『お餅入り』

の言葉に弱い私と娘 (^^ゞ




category: 手作りパン

thread: 手作りパン - janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

△top